菅総理の巻

公開日:2020年09月16日 カテゴリー:Diary タグ:

菅義偉総理大臣が誕生した。僕個人的には石破推しだったが、言ってもそれほどの強い思いでもなかったので、菅さんでまあ良かったんじゃないだろうか。菅さんは第99代内閣総理大臣だという。僕の知るところの総理大臣と言えば「佐藤栄作」「田中角栄」「小泉純一郎」が印象深い。この3人はリーダーとしての力強さがあったように思う。特に田中角栄は親分そのもので、角栄に関した書物を何冊か読んだが良くも悪くもとても魅力のある人のように思える。政治家は真面目で正直なら良いという訳ではなく、時には「一つこれで・・・」と高価な菓子折りの行ったり来たりも世の中には必要じゃないだろうかと思う。せっかく僕のように融通が利く考えなのに、受け取る側にいない事が残念でならない。・・・菅内閣には何も期待していない。良い人そうだが何かをやってくれるとは思えない。トランプのパシリにさせられないか心配なぐらいだ。誰が総理大臣であれ、とにかく戦争が無く、税金を無駄遣いしないでくれさえすればいい。後は「あ~そういう言い方しちゃいけないんだ~」と野党と上げ足の取り合いをしてて構わない。・・・コロナの給付金で使ったお金はいつどんな感じで回収されるのでしょう・・このままで良い訳ないもんなぁ。