墓参りと本の巻

公開日:2021年01月08日 カテゴリー:未分類 タグ:

今日は2021年仕事初め。あーあ12連休終わっちゃったなぁ。また1年頑張るか・・。この年末年始の休みは連日海に入った。それ以外はこれと言った事はしなかった。強いて言えば墓参りと読書。ここ数年新年に墓参りに出かけている。亡き両親に手を合わせこのコロナ禍を嘆く。墓の中から「死にゃあしないよ」と言われた気がする。思えば両親のマスク姿の記憶が無い。もし両親が生きてたらマスクをしてた訳で、母はともかく父にマスクをさせるのは大変だったと思う。「毎日牛乳飲んでるからコロナになんかならない」とでも言うだろうなと想像する。そしてひとしきり墓の縁に腰を下ろす。隣りのお墓は叔父の墓だ。花が供えてない叔父の墓を見つめ従弟はどこで何をしてるのかと思う。・・・墓参りの帰りに本屋に寄り文庫本を一冊買う。ここのところ面白そうだなぁと思って読み出しても、最初の10ページほどを読んで入り込めないともう放り投げていた。だがこの日はそれを乗り越え一気に完読した。おそらくちょっと官能小説に近い描写が僕をのめり込ませたのだろう・・恥ずかしい。・・・結局この休みはサーフィンと散歩がてらの墓参り、そして本を一冊読んだだけで終わった。