防災鎌倉の巻

公開日:2021年02月21日 カテゴリー:未分類 タグ:

風が治まったのでとりあえず海に入る。ここのところ波があると仕事や野暮用で海に入れず、逆に時間のある時は波が無かったり風が悪かったりでサーフィンを出来ずにいた。今日の波は腰~腹。サイズ的に物足らないし、波質も酷い。それでもフラストレーション解消の為に入る。小さい波だから思い通りに行くかというと、そうでもないとこがサーフィンの難しいとこ。二人三脚のように足がもつれ不格好な体勢で落ちる。また「寛一お宮」のお宮のようにヘナヘナと腰砕けをし収拾のつかない恰好になる。乗ったほどんどが可もなく不可もなくだったが、それでも何本かは良いのも有って、これだからサーフィンは止められないのだ。・・・鎌倉の街に「緊急事態宣言につき不要不急の外出を控えて下さい」と「防災鎌倉」の放送が流れる。今日も鎌倉はまあまあの人が出てる。もう不要不急の呼びかけは、母親の「忘れ物ない?」「お兄ちゃんなんだから?」に等しい。「取りあえず言っておく」と「ハイハイ分かってます」といった感じだ。そして「だってみんな出歩いてるもん」と言い「みんなやっててもダメはダメなの」と続くのだ。・・・今日の鎌倉は春のように暖かいが、海水はキンキンに冷たかった。