ラミネートの巻

公開日:2021年07月17日 カテゴリー:未分類 タグ:

ラミネートの機械が壊れた。毎日のように使うので大急ぎで楽天に注文する。すぐに欲しいので即日コンビニで商品の代金を支払う。ところが翌日になって「欠品でした。以後入荷の予定もありません」とのメールが届く。「そんな話しあるかよ」と誰もが思うと思う。しかもそのメールは送信専用のメールで「なんか言いたい事がある人はしかるべき手順を踏んでメールを送れ」というような文言が書かれている。何で無実の俺が色々やんなきゃなんないだよ。しかも「返金の案内は後日楽天から届く」と言ったっきり1週間が経っても何の音沙汰も無い。詐欺じゃないだろうか。「♪生まれた~時が悪いのか~それとも~俺が悪いのか~♪」と天地茂の昭和ブルースが脳裏に流れる。そんな世の中を儚む気分だ。更に腹立たしいのは僕が注文した事により、そのメーカーから「おススメ商品の案内」がしゃあしゃあと届くのだ。「詐欺だ何だと怒らせてるお客なんだからと、ちゃんと自動案内の機械に言っとけ」とよく分からない文句を言う。・・・「返金はさて置きラミネートは急を要する。仕方なく楽天の他のメーカーに注文する。社名からして実直そうだ。そして今朝届いた。なかなか迅速でよろしい。ところがところが電源を入れてもウーでもスーでも無い。不良品なのだ。実直そうな社名は思わせぶりでとんだ食わせ者だった。・・・この話の腹立たしいとこは誰一人悪いと思ってないとこなのだ。