政治家の巻

公開日:2021年09月04日 カテゴリー:未分類 タグ:

菅政権が終わる。急転直下総裁選に不出馬だと言う。次の総理大臣は誰になるのだろう。個人的には野田聖子か高市早苗が良いと思う。女性という事じゃなく前々からこの二人は期待出来ると思っている。・・・「どうせ誰がやったって同じだよ」とよく耳にする。ただ逆を言えば誰がやってもある程度の暮らしは出来てるのだから、日本は心配の少ない国だと思う。・・・菅さんも自分で選んだ道とは言え嫌になっちゃったんでしょうね。派閥やら支持率やら、コロナだって菅さんが撒き散らした訳じゃない。官房長官の時は顔の色艶も良く歯切れも良かったのに、ここのところの菅さんは眼が完全にイっちゃってる。・・・世の中には自分の地位や名誉の為に政治家になる人も居る。でもほとんどに人が「人の為に」と立候補をする。僕はそこそこお金があって平和に暮らせてればそれで良いと思っている。それなのに政治家は僕の為に「もっと暮らしやすくしてあげるからね」とお願いもしてないのに何かをしてくれる。それがコロナ禍の中での総裁選に立候補するんだから、志の高さは想像を絶する。1年後に目がイっちゃうのも覚悟の上なのだ。・・・と思うのだが「サッサとやれよ」「ウチらの税金だぞ」と文句も言う。とにかく僕がぬるま湯で暮らせるようにヨロシクお願いします。